もうひとつの「DOOR」

2010年12月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2010/12/27
日々のたわごと] 【たわごと】 一人っ子はKY?
2010/12/17
日々のたわごと] 【たわごと】 衝動買い(>_<)
2010/12/12
くちなしの墓 第一部] 濃緑の葉 10
2010/12/09
くちなしの墓 第一部] 濃緑の葉 9
2010/12/05
くちなしの墓 第一部] 濃緑の葉 8
  NEXT ≫ 

スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要: 

日々のたわごと] 【たわごと】 一人っ子はKY?

 概要: え~~~っと、濃緑の葉、止まっております。申し訳ありません。(待ってない?)少しずつ書いてはいるのですが、どうもまとまらず・・・。で、そんなわけでお話の中では、辰巳のKYぶりが発揮されたままになっております。そこで、この「KY」(空気を読めない)について、ちょっと最近思ったことがあったので書いてみようと思います。最近では、「星座」「血液型」などに加えて、「生まれ順」による占いと言いますか、人格判断がち...

日々のたわごと] 【たわごと】 衝動買い(>_<)

 概要:  え~~~~っとですねぇ。実は・・・「濃緑の葉」の最後の一話が・・・書けておりませんっ!!えぇ、一行たりとも書けていませんとも!!(何を開き直っているんだろう)(^^;そんなわけで、困った時は【たわごと】を。ここにいらしてくださる読者様の中の何人かはすでにご存知だと思いますが、わたくし、高校時代からバンドをやっておりました。バンドブーム真っ只中でございました。高校で軽音部に入り、女の子同士でバンドを組...

くちなしの墓 第一部] 濃緑の葉 10

 概要:  小夜子を連れて梶田の実家の前に立った壮太は、なぜか武者震いするような心持だった。何度と無く訪れたその瀟洒な外観の屋敷だったか、どことなく荒れたような気がするのは、見ているこちらの心情からだろうか。玄関で二人を出迎えたのは、梶田の父親だった。ラフな服装で穏やかな笑顔で迎えてくれているが、その顔には疲れが刻まれている。まず、仏壇の梶田の遺影に線香を手向けてから、二人はリビングのソファに案内された。向...

くちなしの墓 第一部] 濃緑の葉 9

 概要:  あの日、壮太は一人こっそりと傍聴席の一番後ろの隅に座った。梶田の命を奪った事故の、裁判だった。 最前列には梶田の母が、喪服姿で梶田の遺影を胸に抱き、梶田の父と兄に挟まれて座っていた。梶田を轢き殺した男、工藤慎治は、かなりの量の酒を付近の居酒屋で飲み、隣町の家へ帰る途中だった。車は、同居している内縁の妻の名義だったそうだ。千鳥足になるほど酩酊していた工藤は、梶田を轢いた時に一度車を降り、息が無さそ...

くちなしの墓 第一部] 濃緑の葉 8

 概要:  梶田が死んだ。   壮太と話をした公園から家へ帰る途中、酔払い運転の車に突っ込まれたのだった。  その逞しい体躯は、かえって道路に頭から叩きつけられるときの衝撃を強くしてしまったのだろう。首の骨を折って即死だったそうだ。ラグビー部の連絡網で報せを受けた壮太が、小夜子と共に駆けつけたときにはもう、梶田の遺体は自宅に運ばれて旅装束姿で布団に横たわっていた。梶田の母親が、取りすがって嗚咽を漏らしている...
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。