もうひとつの「DOOR」

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 日々のたわごと □

【たわごと】 絵封筒、いかがですか?

 ちょっと小説からは離れますが、先日、母から嬉しいお知らせがあったので、この場を借りてご紹介。


私の幼馴染の「妹」が、本を出しました!
↓amazonで購入できます(^^)

たのしい絵封筒 ~切手ではじまるSTORY~
 伏見愛佳 著


内容紹介
切手からつくられた、ほんのりおかしい不思議な世界それがこの“絵封筒”です。神戸在住のジュエリーデザイナーが趣味でやっていた「絵封筒アート」は地元で大評判を呼び、ついに1冊の本になりました。 思わず吹いてしまうものあり、脱力系あり、ほっこりなごみ系あり、メルヘンチックあり、癒し系ありと、一度ページをめくり始めたら止まりません。なんだか不思議な女の子ジュリエッタちゃんのナビゲートも絶妙! シュールなつぶやきにハマること請け合い。「ゆるかわ系」が好きな人にはたまらない内容です。 収録作品は、実際に80円(分の)切手を貼って相手に送ることを前提にしていますので、この本を見て自分もトライしてみたくなった人のために、かんたんな「つくり方」も掲載しています。だから楽しさは2倍!! 見て面白い、つくって楽しい、肩の力が抜けまくる1冊です!
著者について
伏見愛佳(ふしみあいか) 神戸の人気ジュエリーブランド「クアラントット」のデザイナー。 イタリア・フィレンツェで修業をしたのち、「クアラントット」をオープン。“毎日がちょっと幸せになるジュエリー”をコンセプトに、本物の素材を使いながらも、日常づかいができるジュエリーを提案している。 自身のブログで気まぐれに発表していた絵封筒は顧客の間で話題になり、絵封筒だけの個展を開催したりと、活動は多岐にわたっている。



 この著者の「伏見愛佳」の姉は、私が3歳の時からの幼馴染です。
同じ団地の向かいの棟に住んでおり、まだ幼稚園にも入っていなかった頃に、公園でお互いに子供だけで遊んでいる時に(今だったら3歳児が親抜きで遊んでるなんて考えられないですが)、勝手に「お友達」になって帰ってきたという・・・。

その後、母親同士が仲良くなり、同じ幼稚園に入ったので、本当に毎日一緒でした。
この妹の「愛佳」が生まれた時のことも、幼いながらに記憶しています。
赤ちゃんの時からお人形さんみたいに可愛くて、成長するにつれて、そのユニークな人柄と感性がどんどん花開いて行きました。

一度、まだ2歳くらいだった愛佳を、あちらのお母さんが外出する用事がある時にうちで一日あずかったことがあったのですが、その時に私の母が、ノートと鉛筆を渡すと、まだ殴り書きの絵を数枚残しておりました。

いや、まだ「絵」とは言えないくらいの、丸などの図形だったのですが、それを母と小学生だった私があとから見て
「これさぁ・・・なんか、人の横顔に見えない?」
「見える・・・」
「もしかして、愛ちゃんって、絵の天才なんじゃない?」
なんて、半分冗談、半分本気で話した記憶があります。

案の定、油絵を描くお父様の影響を受けて彼女自身絵の勉強を始めたのですが・・・・

何故か、一度はOLになって退社してからしばらくした後、突然「イタリアに彫金の修行に行く」決心をし、帰国後、神戸にジュエリーショップを作った時には驚いたものです。

その感性と妥協しない姿勢が功を奏し、ジュエリーショップも大盛況のようです。
(ジュエリーショップはこちら) → quarant'otto(クアラントット)


姉の方は、どちらかと言うと優等生タイプで、しかもなんだかわびさびが無い性格(ごめん)なので、あまり芸術方面は得意じゃないのですが(でもすごく好きではある)、この妹は自由奔放、好きになるものや感覚が私と似ているね、とよく笑ったもんです。

私は絵やデザインがまるっきりダメなので、その点ではまったくついていけませんが、彼女のユニークな感性が、こんなところにも生かされているというのは、「ほらね、やっぱり」と思わずほくそ笑んでしまうようなものがあります。

まだ発売されたばかりの本なので私も現物を見ていないのですが(それに、現物を見たとしても私にはこういうのは真似できないんですが)、書店でみかけたりしたら、「愛佳」の感性を覗いてちょっとほんわかしてみてくださいませ(^^)



 ちなみに・・・ちょっとだけ自慢(?)話。

姉の方は私よりもちょっと先に結婚をして子供も生まれたので、私が結婚式を上げる時には小さい子供を抱えていて出席してもらえませんでした。
そこで、まだイタリアに立つ前だった「愛佳」と、この姉妹のお母様(今では私の母とこのお母さんは「親友」とも呼べるようなお付き合いをしています)が、出席してくれました。

その上、式場のウェルカムボードも、愛佳が描いてくれたんですよ~。
で、そのボードの「絵」の部分だけを外せるように作ってくれたので、それは現在、我が家のリビングに飾ってあります。


なんとも不思議な、ハトともねずみともつかない小動物ですが・・・(笑)
描いた本人もその正体がよくわからないという、オリジナルの生き物らしいです(^^;

愛佳さん、この生き物が自分で気に入っちゃって、その年のクリスマスには、こんなカードも送ってくれました。
↓ ↓ (ちょっと、額のガラスの反射が写りこんじゃった)


話が逸れてしまいましたが、
「たのしい絵封筒」ぜひ、お手にとってみてくださいね(^^)

あ、この本についてのブログ記事もみつけました!(爆笑です)
ぜひ、ご覧になってみてくださ~い

突然ですが・・・本がでます☆ (クアラントット・デザイナーズブログ)


関連記事

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「日々のたわごと」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/12/28
Trackback:0
Comment:16
Thema:本の紹介
Janre:小説・文学

Comment

* No Title

絵葉書、はがき絵はよく耳目にしますが、絵封筒は初めて見ました。
遊び心満載で素敵ですね!

幼馴染の「妹」さんが…とは、秋沙さまも誇らしいことだろうなあと思います^^

アマゾン…覗いてみようかな?

あ、骨董店今夜零時も開店してます(笑)
2011/12/28 【有村司】 URL #- 

* 有村さんへ♪

私は、わりと最近、べつの方が作っている「絵封筒」のことをテレビで見たばかりだったのですが、まさかこの「妹」がそれで本を出すとは・・・(^^;

彼女の「遊び心」や「ユーモア」は(身内目線ですが)天下一品ですので、ご自分で絵封筒を作らないまでも、読み物としてもきっと面白いと思います(^^)
ぜひ、ご覧になってみてくださいね!
えへ。自分の妹ではないのにちょっと自慢気(^^;

(小さい時は、幼馴染が「妹の愛佳が・・・」と誇らしげに話すのが、ちょっと妬ましかった)(笑)。


骨董屋、今日も会えるんですね!!わ~い楽しみ!
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* No Title

うわあ! 素敵ですね!
こういう、キレイだったり可愛かったりする絵って、とても刺激的です。自分も絵を描きたくなったり、友達に手紙を書きたくなったりします。それに、心も豊かになるかんじがします。
この絵はすばらしい。
ああ、この方は才能があるのだな~としみじみ思いました。
2011/12/28 【西幻響子】 URL #U8GV5vt2 [編集] 

* 西幻さんへ♪

ありがとうございます(^^)
西幻さんも絵を描かれるから、ぜひぜひこういうの、チャレンジしていただきたいな~。
私は絵が描けないし発想が貧困だし、ほんっとに筆まめではないので(メールすらめんどくさい)なかなかこういうのはできないんですが・・・。

彼女、結構、シュールな絵を描くんですよ(笑)。
持って生まれた才能というのももちろん大きいですが、彼女はとにかく「こだわり」が大きくて、妥協を許さないんです。(時々、周りが心配になるくらい)
そして、その「こだわり」のためならどんどん行動するバイタリティがすごいです。

お?なんだか響子姉さんのことみたいだ(^^)
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* No Title

すばらしい絵だと思いましたが、

この正体不明の生き物たちを見て、

頭に一瞬、

「江藤博利」

という名前が浮かんでしまい……。

滝に打たれて修行してまいります。探さないでください(汗)
2011/12/28 【ポール・ブリッツ】 URL #0MyT0dLg [編集] 

* No Title

先頭の銭湯(かけてみました!)の絵封筒、さいこー!!

これ、国際郵便でもできるでしょうか。やってみたいっ!! 日本の友達に紹介して送ってもらおう! ちゃんとうちに届くかな~
2011/12/28 【綾瀬】 URL #- 

* ポールさんへ♪

江藤博利・・・?なんのこっちゃと思って思わずググッてみましたが

・・・・(^^;

懐かしい番組が出てきましたよ(笑)


いや、素晴らしい発想転換です、さすがポールさん。
でも、探しません。行ってらっしゃい (^-^)/~~
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* 綾瀬さんへ♪

まったく、よく思いつきますよね~(^^;
2枚目の、奥のほうにいる男性の表情も、なんとも言えず・・・(^^;

国際郵便だったら、べつに封筒にしなくてもその絵自体をハガキにしちゃってもいいような気もします。

ぜひぜひやってみてくださいませ~~~(^^)
嬉しいです(^^)
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* No Title

へえ、すごいですねえ。
そしてとても素敵ですし、楽しそうです。

やっぱりこういう方って、少し普通の方とは違った感性をお持ちなんですよね。そしてそれは子供の頃から現れたりして。

自分の凡人さ加減が憎らしいときがあるほどです。笑。

自分の知っている方がそんなふうに自分の好きなことをやったり、活躍されたりしているのを見るととても嬉しいですね。
2011/12/28 【ヒロハル】 URL #- 

* No Title

うわ~~!
どんなものなんだろうと、妹さんのブログを覗いて、あまりに楽しくて笑ってしまいました!
なんでしょう、このセンス。
根っからの、芸術家さんですね。
生まれながらにして持つ才能。
もう、すっごく羨ましいですね。
このセンスと、バイタリティが欲しい!

この方は、以前教えてもらった、関西ローカルの「ココイロ」の方ですよね!!(いつかDVDに焼こうと思って、そのままでした~~。ごめんなさい・汗)
きれいで、ジュエリーのようにキラッとしてて。
それなのに、こんなユニーク。
やはり、そういう才能は世間が放っておかないんだなあ~。
この、ウェルカムボードの生き物、ぞっこんです!
私も描いてほしいなあ。
リビングに飾りたい。
素敵な作品を紹介してくださって、ありがとうございます^^
2011/12/28 【lime】 URL #GCA3nAmE [編集] 

* No Title

再び^^

おお、テンプレが変わってる~。
そして、以前からいいなあと思ってたんですが、目次タイトルの色をカスタマイズしてますよね?
私もなんどかチャレンジしたんだけど、変わらなくて。
(スタイルシートに情報を追加するんですよね)
この休みに、もう一度チャレンジしてみます。
勝負だ~!
変わって無かったら、負けたと思ってください・涙
2011/12/28 【lime】 URL #GCA3nAmE [編集] 

* No Title

すばらしい才能、そして、アイデアですね。

切手と作品と題が妙にしっくりとマッチしていて、なぜか、笑える~

私もアーティストのお友達がいるのですが、はまると徹夜するって言ってました。

実はあやかりたい・・・(笑)

素敵なご紹介をありがとうございました^^

Newテンプレ、素敵です。月が気に入った。
2011/12/28 【けい】 URL #- 

* ヒロハルさんへ♪

楽しそうですよね~。
この本に関しては、お仕事ではないし、本当に遊び心でやったことなので、本まで出てしまって本人が一番びっくりしているようでしたよ(^^)

私も、才能豊かなお友達がたくさんいる割に、自分の平凡さが時々イヤになりますが(笑)、(ここのブログ仲間さんたちだって、私から見たら皆さんすごいですよ!もちろんヒロハルさんだって)、自分のやりたいこと、向いていることを、惜しみない努力と行動力で探し続けていくその姿勢こそを学ばなくちゃいけないのかもしれないな、と思います。
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* limeさんへ♪

そうですそうです!
「ココイロ」録画までお願いしてしまって、その節はすみませんでした・・・。
あ、その後、youtubeなどで見ることができました~(早くそれを言えって)
(彼女のブログにも、リンクが貼ってありますね)

そう、彼女、美人なんですよね~。大学で準ミスキャンパスになったほどですもの。
でも、あの「ココイロ」のインタビューを見ていると、「ふっ」と笑ってしまうのは、やっぱり素顔の彼女がとってもユニークなのを知ってるが故でしょう('-'*)フフ

わぁ、あの謎の生物を気にってくださるとは、やっぱりlimeさんだ(^^) 私が惚れただけある(*^_^*)
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* limeさんへ♪その2

久しぶりに「真昼の月」に戻しました~。
あまりにご無沙汰だったので、戻した瞬間「あれ?こんな色だったっけ?」と一瞬目を疑いました(^^;

目次タイトル、とはどの部分でしょう・・・?
確かに、「くちなし」のテンプレにしていたときは、最初、画像だけをくちなしに変えてから、あちこちの色を直しました。
でも、ひとつひとつ変えるのはあまりにも大変だったので、同じかたが作っているべつのテンプレから、色の情報だけそっくりそのまま持って来ちゃったんです(^^;

limeさんが色を変えたいところってどこでしょう?
小説テンプレはなかなかに難しいので、もしわからなかったらまた相談してくださいね~。
(って、私も、ネットでやり方を検索するわけですが、一度やったことだからたぶん。。。わかると。。。。)(^^;
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* けいさんへ♪

発想がユニークでしょう?
彼女、本当に子供の頃から面白いんです。

あやかりたいですよね~「アーティスト」としての才能♪

でも、そう、やっぱりあぁいう事をお仕事にするのって、波があるでしょうから大変ですよね。
この「愛佳」も今はとっても楽しんでお仕事をしているようなのですが、夢中になったらとことんやってしまうし、小さなジュエリーショップだったのが、いつの間にかウェディングもやったりデパートの中にも売り場を持っていたり。。。とにかく、身体に無理をかけていないかが時々心配になります。
自分でお店を経営しているからには、事務仕事もしなければならないでしょうしね・・・その上に創作ですから。


あっ!そうか!
けいさんがこのブログにいらしてくださるようになった時には、すでにくちなしのテンプレでしたもんね。
実は、この「真昼の月」がデフォルトなんですよ。戻しただけなんです(^^)
あのくちなしのテンプレは、この「真昼の月」を元にして、画像と色を自分でカスタマイズしたものだったんです(^^)
2011/12/28 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://akisadoor.blog118.fc2.com/tb.php/162-6b33ea8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。