もうひとつの「DOOR」

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恋のディテールたち(エッセイ) □

2.海へドライブ

 彼はいつも、なにかに傷ついているような瞳をしていた。
 
私は、そんな彼の表情を見ていると、自分が傷つけているような気持ちになって、どうにかしてその痛みをやわらげたい、とせつなさで体が熱くなった。
ほんの少しの優越感を感じながら。


 彼とのデートは、決まって海だった。いつも同じところ。
 
工場地帯の中の、小さな公園。
防波堤の向こうにはテトラポット。
夜になるとほとんど人影がなくなって、水平線よりも、左右からせばまる湾の明かりがきらめいている。

初めて二人きりで会ったのもそこなら、気持ちを伝え合ったのもそこ、だった。
けんかをした後仲直りをするのも、そして、別れを決めたのも。

付き合っているときは何度となくそこへ行き、海風に吹かれながら、夢を語り合った。

 夢。
 
私たちは同じ夢を見ていた。まだ、自分たちが何でもできると思えていた若い年頃。
同じ夢を見ていると言うことが、永遠の平行線の上にいると気付くには、まだ青すぎた。

海が好きな彼。傷ついたような瞳で私を見る彼。

彼の口癖は、「おまえは強いな」だった。
そして、別れの言葉も、それだった。

弱い人。彼は、とてもロマンチストだったのだ。
私、と言う存在が、海のように彼の前に横たわって、包み込んでくれることを夢見ていた。
自分の夢に向かって並んで走っていこうとする私は、海に包まれて漂っていたい彼を、傷つけるだけだ。

彼は、全身で彼に甘え、頼ってくる女性を選び、私と別れる決心をした。


「おまえは強いから大丈夫。でも、あの子は一人ではダメなんだ。弱いんだ。」と、私が大好きだったせつなそうな顔で言った。
海の色をその瞳に映して。

まだ十代の私に、どうして、男の弱さを知りながら、自分は強いと言う錯覚を与えつづけてあげられるような愛し方ができただろう?


 人はみな、海を見るとなぜか、なつかしい気持ちになる。すべてを産み、すべてを育み、そしてすべてを受け入れるその青い広がり。

だが、人は海にはなれないのだ。だからこそ、海に恋焦がれるのではないだろうか。

私は彼の海になることはできなかった。
そして、その恋を海に沈めて、終わりにした。

 風のうわさで、彼が結婚をした、と聞いた。
人を幸せにできるような強さは自分にはないから、と私に言っていた彼。
彼の奥さんは、海のように彼をつつみこんでいるのだろうか。
それとも、彼自身が海のように広く、大きく成長したのだろうか。

 自分の夢ばかり追って走ってきた私。時々、無性に海を見に行きたくなる時がある。
一人で海を見るときの私は、あのときの彼のように、傷ついたような瞳をしているのだろうか。

 自分の小ささを、実感しながら。


関連記事

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「恋のディテールたち(エッセイ)」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/07/28
Trackback:0
Comment:10
Thema:エッセイ
Janre:小説・文学

Comment

* 男って・・・

もしかしたら弱いのかもしれませんね。
ただ、強くなきゃいけないっていう想いにとらわれて。
この男の人はある意味正直な人だったんですね。
ちょっと残酷なほど。

自分に正直になると、相手を傷つけてしまう。
ああ、もう、男と女って。

波の音が静かに聞こえてくるような、素敵なエッセイでした。
どうしよう・・恋愛ものが書きたくなっちゃった・笑
2010/07/28 【lime】 URL #GCA3nAmE [編集] 

* limeさんへ♪

わ~っわ~っわ~~~~っっ!
limeさんの書く恋愛もの、読んでみたいっっ!ぜひっ!!

男は弱いですよ、基本(全国の男性諸氏、ごめんなさい)(笑)。
いや、まぁ、これはまだ10代の恋愛ですから~~~。
やたらと強がられても引いてしまうし、難しいもんですね(^^;
とにかく、どーでもいいようなことでよくケンカしたり大騒ぎしたもんです。
この年頃は。
2010/07/28 【秋沙 】 URL #- 

* -こんばんは^^

秋沙さん・・・・・・・


私の過去を知ってますねっ!??

って言いたくなるほど、若い頃の私の気持ちに酷似した内容に、ただただウルウルウルウル・・・・・v-406

男ってズルイ・・・・
そう思わされるような恋愛をして来ました・
「自立した強い女が好き」って言うくせに、選ぶ女は「守ってやりたくなるような弱い女」なんですよね。

私は今も海を見ると切なくなる事が多いです。
でもここは長崎。どこに行っても思い出が詰まった海ばかりです。


あっ、limeさんにもお願いしてるのですが、秋沙さんのブログバナーも持って帰ってもよろしいですか?
私のブログみたいなトコでもよろしかったら、是非お二人のブログを紹介させて下さい♪

・・・お願いしますe-330
2010/07/29 【】 URL #9dnUgMTg [編集] 

* 蘭さんへ♪

私こそ言いたい・・・

あなたは私ですかっっ!!??(笑)

いやぁ、どきっとしましたよ、蘭さんのコメント。

なぜかって・・・?

それは、次回作の連載が始まったらわかると思います・・・。
ね?limeさん?(笑)


あ、バナーの件、お持ち帰りいただけるんですか~?
すっごい嬉しいです!どんどん持ってって~~~(笑)
2010/07/30 【秋沙 】 URL #- 

* こんばんは^^

うはっv-345 ダウンロードしちゃいましたv-218

もうこれで逃げられませんよ?
了解した事、後悔しませんね??
後から、「お願いだから、外してください」と言われても、クレームは一切受け付けておりませんv-222v-398

(笑)
2010/07/30 【】 URL #9dnUgMTg [編集] 

* どうも

草食系のヒロハルです。笑。

私も弱くて弱くて・・・・・・。
カミさんにはいつも怒られっぱなしです。

男も女も同じ人間。
弱いことに変わりはありません。
変に強がることより、弱さを認める潔さのほうが
私は大事じゃないかなあと思います。

で、認めた結果、カミさんに怒られてます。笑。


2010/07/30 【ヒロハル】 URL #- 

* 蘭さんへ♪

バナーを貼っていただけるだけでも嬉しいのに、素敵な紹介文まで!!??ありがとうございました~~~。
本当にうれしいです!!!

改めて御礼に伺いますが、まずはキャンプの間にたまってしまっている宿題・・・ぢゃなくて、コメントのお返事や更新をせねば・・・ごめんなちゃい!
2010/08/02 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* ヒロハルさんへ♪

あはは。ヒロハルさんは草食系ですか。
いいぢゃないですか、今流行りで(笑)

この恋は、まだ10代の終わりごろの話ですからね。
幼いもんです。
私は彼の弱さを認めてあげることができなかったし、
彼は私の弱い部分(たぶんあるはず)に気付こうともしなかったわけで。
どちらも残酷ですよねぇ・・・。
2010/08/02 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* No Title

なんだか…「旅路」の加奈子さんを思い出しました。

片意地張って、一生懸命で、余裕がなくて…。
10代の恋かあ…切ないですねえ。

久しぶりに海を見たくなりました。
2011/12/07 【有村司】 URL #- 

* 有村さんへ♪

うはっ。やっぱりそうですか。
加奈子は私に似ている・・・と書きながら思っていましたが、そうかぁ・・・そうなんだなぁ、やっぱり(遠い目)。

本当にこの年頃は、なんであんなに一生懸命になれたもんだか、生活の全てが恋愛でした。(ヒマだったのかな)
そのくせ、やたらと意地っ張りで素直じゃなくて。

まぁ、人間の本質は一生変わらないといいますから、今でも私はそんな人間なんでしょうね(^^;

海、こんなふうに感傷的に見ることってなくなってしまったなぁ私も。
たまにはいいかもしれません♪
2011/12/07 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://akisadoor.blog118.fc2.com/tb.php/21-3cce06c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。