もうひとつの「DOOR」

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 恋のディテールたち(エッセイ) □

3.スウィート・ソウル・ミュージック

alchol.jpg 彼の部屋には、いつも音楽がある。
 
 いや、音楽以外の何もない、と言うべきかも知れない。
 
 その部屋を初めて訪ねた時、私は彼を、友達としてしか見ていなかった。
ちょっと立ち寄って、ついでにお酒でも飲んでいこうか、と。
彼のほうも下心なんて、まったくなかったはずだ。

 大通りに面したマンションの最上階。
 
ワンルームのその部屋には、セミダブルのベッドとオーディオセット、山ほどのレコードとCDがあるけれど、窓にはカーテンさえもかかっていなかった。

フローリングの床に置いた間接照明のほのかな明かり。
ただようタバコの煙とお香の匂い。
強いアルコールをフレッシュジュースで割っただけのカクテル。

その、生活感の無さが私を安心させ、流れるソウルミュージックがお酒のペースをいつもよりも早くした。
そしてその酔いが、ラブソングを必要以上に甘ったるく感じさせて、私はいつのまにか、この、男と女が二人きりでいるのにあまりにも合っているシチュエーションに、けだるく、しかし心地よく身を任せていた。

 夜もふけて、何事もなく自分の家へ帰ったけれど、その後その部屋で過ごした時間をいつも思い出している自分に気づいた。
 
口当たりの良いお酒が、深刻な二日酔いをもたらすように、私は恋に落ちた。

皮肉なもので、恋をしているとなると、その部屋に気安く入ることができなくなってしまった。
その恋は、最初から最後まで片思いだったから。
何をしている時でも、ふと、あの部屋がまぶたの裏に浮かんでくる。

 私は考える。いったい、あの部屋をおとずれて、恋に落ちない女などいるのだろうか、と。
逆に、あの部屋であのソウルミュージックを聞かなければ、彼に恋することはなかったのではないか、とも。

今この瞬間にもあの部屋で、私が感じたようなあの甘美な酔いを、ほかの女性が感じているのかもしれない、という想像が私を苦しめる。
いや、それよりも、彼が一人きりで、あの部屋でラブソングを聞いているかもしれない、と思うほうが、私はいたたまれない気分になった。
どうして、そこにいることができないのだろう。
あの部屋は、男と女が甘いソウルミュージックを聴くためにあるようなものなのに。

 彼の部屋で聴いた曲を、一人、夜更けに聞いてみる。自分の部屋で、あの夜と同じカクテルを片手に、スタンドのほの暗い明かりだけをつけて。
 
 でも、あんなにも甘く心地よく感じたはずのラブソングたちは、今はただ、せつなく胸をしめつけるようにしか感じられないのだ…。



なるべく、(ネタがあるうちは)3日に一度は更新しようと思っております。

今回は、予約投稿です。これがupされた頃、私は子供の学童保育のキャンプに行っているはずです。
アウトドア、苦手なんですけど。。。
山は大好きなんですよ。あの夜の暗さや静けさも、虫が多いのも、全然平気なんですけどね。むしろ好き。

ただなにもかも自分たちでやらなきゃいけない、とか、アメニティグッズを全部用意していかなきゃいけない、とかそういうのがダメで。やれキャンプファイヤーだ、すいかわりだ、とイベント盛りだくさんなのもめんどくさいし。
あ、よーするにめんどくさがりでずぼらなんですぅ。

無事に帰ってくることを祈っててください(^^;

・・・いや、その前に、無事に行けてるかどうかが怪しい(^^;
関連記事

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「恋のディテールたち(エッセイ)」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/07/31
Trackback:0
Comment:10
Thema:エッセイ
Janre:小説・文学

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/31 【】  # 

*

この恋も、苦いですね。
友達なら、心地よく過ごせた空間、音楽、お酒。
なぜ恋は壁を作っちゃうのか。

彼も悪くないし、自分も悪くない。
なのに、苦しいねえ、恋って。


今頃、まだキャンプの真っ最中でしょうか。
アウトドアが苦手な理由が、私とそっくり・笑
面倒くさいんですよね、スケジュールやイベントが決まってることが。そして後片付けが・・・。
「私をそっとしといて。開放して」って、言いたくなってしまう・笑


2010/07/31 【lime】 URL #GCA3nAmE [編集] 

* こんにちは~^^

何ともまぁ、苦しく切ない片想い。

でもね、「シチュエーションに恋してしまう」その気持ち、ものすご~~くわかりますよ。
それまでは異性として認識していなかったのに、突然グラスを持つ手に、タバコを吸うその仕草に、バックに流る曲とシンクロする声に恋をしてしまう・・・・。

若い頃の一瞬の夢みたいな物なのでしょうが^^;

キャンプですか? お天気は良かったのかな?
無事に辿り着いて、無事に帰還される事をお祈りしてますv-411
2010/07/31 【】 URL #9dnUgMTg [編集] 

* 鍵コメさんへ♪

ありがとうございました~~~(汗)
直しました。
2010/08/02 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* limeさんへ♪

どうにか無事、帰還いたしました。
いや~~~、疲れました。
単独行動が一切できない二泊三日。明け方まで親は反省会という名の飲み会だし。
私を一人にして!と叫びたくなりました(笑)。
まぁでも、親も子も得るものはあったと思います。

苦い恋でしたねぇ、これは。
でも、ここにはかっこよく書いちゃってますけど、実際にはもうちょっとおかしな恋でありました(笑)
なんというかいい経験だったことは確かで。
しかも、このエッセイを書いたことで後日談があるんですけど、それは個人的にまたべつの機会に(笑)

2010/08/02 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

* 蘭さんへ♪

ただいま~。無事に帰りました。

まさしくこの恋は、若い頃の一瞬の夢。
でも、実はこの彼とは今でもいい友達です。
片思いだったことが、かえって友情は長続きさせてくれたんですよ。
だから、よかったかも(笑)

恋のきっかけなんて、結構くだらないですよね(笑)
タイミングによる影響がほとんどだし。
若い頃だったからこそ、シチュエーションにやられちゃったんですよね~、きっと。
よく考えると、相手には失礼な話であります(^^;
2010/08/02 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

*

無事に帰宅されたようですね、お疲れ様でした!
僕もソウルやリズム&ブルースは大好きで久しぶりに聴いてみようとCDを物色しましたが
目当てのCDが見つかりません。
まぁ、いつものパターンです。

アウトドアの後片付け、大の苦手です。苦手と言うよりイヤです。
できる事なら炭火のコンロを蹴飛ばして帰りたくなります。

2010/08/02 【蛇井】 URL #- 

* Re: タイトルなし

はい!恥ずかしながら帰還いたしました!!

(これ、実は横井さんは「恥ずかしいけれど帰還しました」とおっしゃったそうですね)(笑)

ほう、蛇井さんはROCKオンリーではないんですね?
目当てのCDはまだみつかりませんか?
ちなみに何を聞こうとしたんでしょうか。気になるところです。

私は、「おまえほんとにミュージシャンかよ?」と突っ込まれるほどCDを少ししか持ってません。
それなのに、時々目当てのCDがみつからないのはなんででしょうね(^^;


アウトドアはめんどくさいことだらけですねぇ。
ホテルに行けば、すべてがそろっていて、そのまんま帰ればいいだけなのに。
んでもって、このキャンプ、参加費用が結構高かったんですよっっ。
アウトドア、普段しないもんだから買わなきゃいけないものも盛りだくさんで。
普通に高級ホテルにでも泊まっても、費用は変わらなかったんじゃないかと・・・(^^;
2010/08/03 【秋沙 】 URL #- 

* No Title

おはようございます。

シュチエーションとか状況に恋する…ってあるんですねえ。
このエッセーを拝読していて、中学生以下の恋愛スキルしかない私には「ほおへえ」と感嘆することしきりです。

「恋のきっかけなんて結構くだらないですよね」という秋沙さまの言葉にガッツーンと頭を殴られた思いでした(苦笑)

…そ、そうかもしんない。

2011/12/08 【有村司より】 URL #- 

* 有村さんへ♪

およ。ショックを与えてしまいましたか?(^^;

なははは。そうです、恋のきっかけは結構くだらない(笑)
だって、恋のはじまりは、結局は「発情行為」ですから・・・なんて言っちゃうと身も蓋もないっすね(^^;

だけど、その単なる「発情」にいろんな情緒や人間としての成長を織りまぜて意味づけしていけるのは、人間だけなのでありまして。
そこから芸術とか文化を産もうとするんだからすごいですよね~。
2011/12/08 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://akisadoor.blog118.fc2.com/tb.php/22-e713c18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。