もうひとつの「DOOR」

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 霧の物語 □

霧の物語  ~解説~

 この作品は、私が中学生の時に「読書文芸クラブ」の活動の中で書いた作品です。
ファンタジー小説、とでも言うんでしょうか。

何年か経って、表記がおかしい所を直しながらワープロで打って置いたものを発見しました。
今回、ブログ記事として読みやすいように改行や漢字変換、語尾などを修正しましたが、基本的には「中学生が書いたイキオイ」みたいなものをそのままにできたらと思い、加筆などは極力抑えました。

「へ?」「だから?」という感じのお話で、もう、どうしようもないんですが(^^;、肩の力を抜いて(笑)、子供のおままごとに付き合うくらいの気持ちで読んでいただければ・・・。


 確か、このお話を書いた時、好きだった男の子が音楽好きで「白いグランドピアノが欲しい」と言っていたことから書いたように記憶しています。
彼はポップスが好きでしたが、私はまだその頃ロックには目覚めていなくて、クラシックピアノ一辺倒のお嬢様(?)でした。

その頃に大好きだった(今も好きですが)ドビュッシーの曲がこのお話のテーマになっています。

ドビュッシーの前奏曲集の中の「霧」という短い曲です。
なんとなく、いつ盛り上がるのかよくわからず、ハッキリとしたテーマもないままに流れるように終わってしまう曲で、まるでこのお話みたい(^^;

ただ、当時よく聴いていたレコードについていた一曲ごとの解説の文章がとても好きでした。
文中に、その解説文が出てきます。

よろしかったら、この曲を聴きながらどうぞ・・・↓

ドビュッシー 前奏曲集より 「霧」
関連記事

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ←こちらもぽちっとお願いします(^^)

→ 「霧の物語」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/03/04
Trackback:0
Comment:2
UserTag: * 
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

* No Title

一度聴いた位では覚えられない複雑な曲ですね。
いつも思う事なのですが、クラシックの曲に
題名をつけるタイミングはドコなのでしょう?

『霧っぽい曲を作ってみよう』と思ったときなのか、
テキトーに弾いてて『お?なんか≪霧≫っぽい』と
思った時なのか…。
気になるところであります。
2011/03/04 【蛇井】 URL #- 

* 蛇井さんへ♪

なんとも、掴みどころの無い曲でしょ?(笑)
いかにも「印象派」らしいですよね。

ははは、クラシックだけでなく、インストゥルメンタルなんかでも、タイトルのつけ方ってどうなんだろう?って思います。
私が想像するに、ドビュッシーの場合は、その情景や絵画なんかを見てインスパイアされて音楽ができるんだと思うんですけどね。

インストバンドなんかでは、題名が決まるのはかなりあとで、なんとなくバンドのみんながそう呼んでたからこの題名にした、みたいなのもあるらしいし(笑)
2011/03/04 【秋沙 】 URL #mQop/nM. [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://akisadoor.blog118.fc2.com/tb.php/92-3fc1aa57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。